アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa
白ナンバーの安全運転管理義務

アルコールチェック管理サービスで
業務負荷に、さようなら

白ナンバー事業者のアルコールチェック記録が義務化され1年。安全運転管理者のみなさんは、日々の業務にとても負担を感じていますよね。

ここでは、管理を楽にしてくれるクラウドサービスの30製品を調査し、簡単に導入でき、業務がリアルに減らせる3社を紹介しています。

かんたん導入、楽ちん管理の
サービス3選を見る

目次

いま一度確認!
白ナンバー事業者の
義務化内容

運転前後の運転者の状態(酒気帯び)を目視等で確認すること。
酒気帯びの有無について記録し、1年間保存すること。
アルコール検知器を用いて酒気帯びを確認し、検知器の常時有効を保持すること。※

※20022年3月現在、半導体不足による検知器の供給状況により、当面の間適用延期

安全運転管理者が上記業務を実施しないこと自体には罰則は設けられていませんが、安全運転管理者の選任義務違反の罰則は令和4年の道路交通法改正により5万円以下から50万円以下に引き上げられています。

参照元:警察庁/【PDF】道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令等の施行に伴う安全運転管理者業務の拡充について(通達)https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzenuntenkanrisya/pdf/20211110tuutatu_1.pdf

義務化業務に有効な
クラウドアルコールチェック管理サービスとは

クラウド型パッケージサービスで管理する

道路交通法改正により、義務化項目が増えた白ナンバー事業者の業務を軽減するクラウドアルコールチェック管理サービス。PCや紙での管理と大きく異なるのが、以下の2点。

クラウドサービスによる
記録・管理のメリット
  • インターネットにつながっていれば、どのデバイス(タブレットやスマートフォン)からもアルコールチェック結果の記録送信・保存が可能。
  • 自社管理でも必要となる、検知器の購入やメンテナンス、記録のバックアップもサービス提供会社に任せられる。

クラウドを利用して、サービス提供会社が管理・記録することにより内容の質も上がり、本来の業務に集中することができます。

また、半導体不足の影響で延期されている検知器を使用しての確認が義務化された際には、検知器自体のメンテナンス・買い替えなどが年に1回必要となり、業務負荷はますます増えることが予想されます。

すべてのアルコールチェック義務化項目のスタートが迫るこのタイミングで、サービス導入を検討するのであれば検知器も管理してくれるパッケージ型がおすすめです。

クラウドアルコールチェック管理の中でも
パッケージ型が
おすすめな3つの理由

パッケージ型とは、チェック項目のクラウド管理だけでなくアルコール検知器も同時に提供してくれるサービスを指します。中にはアルコール検知器のメンテナンスまで月額費用で行ってくれるものや、導入支援などのサポートシステムが充実したサービスもあるので業務負荷軽減を一番の目的とした導入であれば、パッケージ型が適しています。

パッケージ型の基本的なサービス内容

  • 記録管理:義務化されている項目について、最低1年間保管してくれる
  • 検知器の保持:アルコール検知器は年に1回のメンテナンスはもちろん、日々の有効保持も行ってくれる
  • サポート:システム導入から運用まで、トラブルや困ったことをサポートしてくれる
パッケージ型導入を成功させるポイントを解説
パッケージ型でも各社さまざまなサービスを提供しているので、選ぶ際のチェックポイントを解説します。自社にピッタリくるサービスを導入して、業務軽減を成功させるために参考にしてみてください。
検知器

記録管理項目をチェック

義務化されている記録項目だけを管理してくれるサービスから、運転管理者がこれまで行ってきた運転日報や社員台帳など運転に関するさまざまな項目を記録できる機能が備わったサービスもあります。付加サービスの内容を確認しましょう。

クラウド管理アプリ

検知器の精度と単価をチェック

アルコール検知器は、検知精度が高い電気化学方式と精度は低いが単価の安い半導体ガス方式の2種があります。誤検知の割合や検知器の台数などを考慮して選びましょう。

サービス内容

サポート体制をチェック

サービスやシステムに慣れない場合のエラーやトラブルなどに心強いのがサポートデスクです。検討時から導入・運用までサポートしてくれるのか、メールか電話対応なのかまでチェックしましょう。

どんなことを楽にしたいですか?
【特徴別】アルコールチェック
管理サービス3選

パッケージ型のアルコールチェック管理サービスは機能の充実さ、取り扱い検知器の検知方式などさまざまな製品がそろっています。パッケージ型の26製品の機能や取扱い検知器などを調査したうえで、機能・コストなど導入の決め手となるポイントに分けてオススメの3選を紹介します。
それぞれ、おすすめの事業主も合わせて紹介しているので、気になるサービスは公式サイトなどで詳しく調べてみましょう。
運転管理業務を一元化して
スムーズ運用

BSS for ALC
(アネストシステム)

BSS for ALC(アネストシステム)公式サイトキャプチャ
引用元:BSS for ALC
(アネストシステム)公式サイト
(https://bss-alc.info/)
特徴

運転日報や体温測定、給油管理など14種もの管理機能が付帯。据え置き型のプランを契約すれば、スマホアプリの追加費用が不要。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:電気化学方式
こんな事業主におすすめ
  • 煩雑となった、運転業務関連の記録を一元化したい
  • 今後増えていく人員に対して、追加費用をなるべく抑えたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

法定管理項目のみ
しっかり記録保管

アルコールチェッカー
クラウドサービス
(アイリスオーヤマ)

アルコールチェッカークラウドサービス(アイリスオーヤマ)公式サイトキャプチャ
引用元:アルコールチェッカークラウドサービス
(アイリスオーヤマ)公式サイト
(https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/products/alcohol-detector/cloud-service/)
特徴

アルコール測定結果や運転者情報など、法定管理項目をシンプルに記録保管。自社製品のアルコール検知器で同時に管理可能。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主におすすめ
  • とにかく義務化された項目だけ、記録管理したい
  • 知名度の高い企業の検知器とシステムで安心感も得たい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

安価な半導体ガス方式で
手軽にスタート

ALCクラウド
(オートバックスセブン)

ALCクラウド(オートバックスセブン)公式サイトキャプチャ
引用元:ALCクラウド
(オートバックスセブン)公式サイト
(https://www.alc-autobacs.com/)
特徴

安価な半導体方式のアルコール検知器一台の価格とアプリ運用費用一台毎の費用なので総額の単純計算可能。25名以上のお得パックもあり。

  • 据え置き型:取扱いなし
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主におすすめ
  • 精度は度外視で、とにかく安くスタートさせたい
  • 一人一台携帯用のアルコール検知器を持たせたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

※選定条件
「アルコールチェック管理サービス」とGoogle検索し、公式サイトにおいてクラウドで自動記録管理を提供している会社30社を掲載。
その中から管理サービスのみではなくアルコール検知器についても提供できることが明記されている26社から、ユーザが求めるであろう以下の条件で会社を選定。(2023年1月24日時点)
BSS for ALC…26社のうちで業務管理項目が最も多く一元管理が可能なサービス
アルコールチェッカークラウドサービス…26社のうちで管理内容が法定項目だけのシンプルなサービス
ALCクラウド…26社のうちで半導体ガス方式の検知器を使用した最も導入費用が安いサービス

おすすめのパッケージ型
アルコールチェック
管理サービスを詳しく紹介

運転管理業務を一元化で
スムーズ運用

BSS for ALC
提供元:アネストシステム

BSS for ALC(アネストシステム)公式サイトキャプチャ
引用元:BSS for ALC(アネストシステム)公式サイト
(https://bss-alc.info/)
取扱い検知器 据え置き型:電気化学式
持ち運び型:電気化学式
サポート体制 メール:〇
電話:〇
費用 初期費用:13,000円(税込14,300円)~
※アルコール検知本体費用
月額費用:900円~2,900円(税込990~3,190円)

サービスの特徴

充実の管理機能で
安全管理業務を一元化

アルコールチェック以外の管理機能も豊富なことが、BSS for ALCの強みです。測定結果の管理はもちろん、免許更新期限や社員情報、車検情報などの台帳管理、帳票管理などにも対応しています。

ドライバーも、出退勤の打刻や運転日報のツールとして利用できるのが特徴です。アルコールチェックを機に、安全運転管理業務のデジタル化を低コストで進められます。

運用法・状況に応じて
選べる豊富なプラン

BSS for ALCは、現在のアルコール検知器の導入状況や今後の運用法に合わせて選べる、複数のプランを用意

「今使用しているアルコール検知器で運用できるプラン」「スマホやタブレット連携、その他チェックも合わせて行えるプラン」など、事務所測定と出先測定の運用方式ごとに4つずつプランがあり、自社の状況に合わせて、初期費用を適正な金額に抑えつつ運用を始められます。

サポートデスクに頼れる
安心のアフター体制

BSS for ALCは、アフターサービスも整っているのが特徴です。アルコール検知器にはメンテナンスがつきものですが、センサーの交換はサポートデスクが行ってくれます

メンテナンス時期を事前に通知してもらえるうえ、交換品を先送りしてもらえるので、運用をスムーズに行うことが可能です。使用済みの検知器は返却できるので、処分にも困りません。

業務が楽になる機能の詳細を
公式サイトで詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの費用

事務所測定と出先測定それぞれで3つのプランが用意されています。アドバンスプラン、スタンダードプランは使用する検知器が指定されており写真の自動撮影や測定結果の自動保存が可能。ライトプランは手持ちの検知器を使用し低コスト運用したい方に向きます。

プラン名 初期費用 月額費用 特徴
Light(事務所測定) 0円 1,400円(税込1,540円) 現在使用中のアルコール検知器を使用して、クラウド管理のみのサービス内容。
Normal-TAB(事務所測定) 35,000円(税込38,500円)~
※検知器本体費用
2,900円(税込3,190円) タブレットを使用して管理する、少人数向けのタイプ。
Normal-PC(事務所測定) 59,900円(税込65,890円)~
※検知器本体費用
2,900円(税込3,190円) PCを使用して管理するベーシックプラン。さまざまな機能が付帯し、一元管理が可能。
Advance(事務所測定) 79,900円(税込87,890円)~
※検知器本体費用
2,900円(税込3,190円) 検知器以外にICリーダー付属し、免許情報のチェックも同時に行える上位プラン。
プラン名 初期費用 月額費用 特徴
Light(持ち運び) 0円 0円 現在使用中のアルコール検知器を使用。ほかのプランと併用のみ申し込み可能。
Normal(持ち運び) 13,000円(税込14,300円)~
※検知器本体費用
900円(税込990円) 持ち運びの検知器の管理と測定結果のみを管理するシンプルプラン。
EX(持ち運び) 19,500円(税込21,450円)~
※検知器本体費用
1,390円(税込1,529円) スマホと連携して、写真撮影も自動で行う持ち運びに適したプラン。
Advance(持ち運び) 35,900円(税込39,490円)~
※検知器本体費用
2,700円(税込2,970円) 高耐久センサーの検知器がついたプラン。検知器の複数人での使用に適したプラン。

サービスの操作イメージ

サービスの導入事例

導入者のイメージイラスト
自動で記録が残るので、
管理が楽に!

以前から測定は行っていましたが、管理が煩雑だったため一括管理できるこちらに魅力を感じて導入しました。車両台数5台で直行直帰なしなので事務所据え置き型ですが自動で記録が残るようになり管理が楽になりました

参照元:BSS for ALC(アネストシステム)公式サイト(https://bss-alc.info/case/
導入者のイメージイラスト
車両台数100台・直行直帰の課題は携帯型検知器で解決

車両台数100台で、直行直帰が多いためドライバーがすぐチェックできる出先測定(持ち運び型)を利用。持っている検知器をそのまま利用できたので導入費用がかからず専用アプリで簡単にデータを取れるようになりました。

参照元:BSS for ALC(アネストシステム)公式サイト(https://bss-alc.info/case/

サービスの提供元情報

  • 会社名…株式会社アネストシステム
  • 所在地…熊本県熊本市東区尾ノ上2-23-1
  • 電話番号…050-8882-5101
  • URL…https://anestsystem.jp/

アネストシステムのWEB説明会を
公式サイトで申し込む

電話で問い合わせる

法定管理項目を
しっかり記録保管

アルコールチェッカー
クラウドサービス
提供元:アイリスオーヤマ

アルコールチェッカークラウドサービス(アイリスオーヤマ)公式サイトキャプチャ
引用元:アルコールチェッカークラウドサービス(アイリスオーヤマ)公式サイト
(https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/products/alcohol-detector/cloud-service/)
主な推奨アルコール
検知器
据え置き型:電気化学式
持ち運び型:半導体ガス方式
サポート体制 メール:〇
電話:〇
費用 初期費用:0円
月額費用:1,200円(税込)~

サービスの特徴

携帯型と据置型の
測定データを一元管理

タイプの異なる検知器を使ったアルコールチェックの一元管理ができるクラウドサービスです。携帯型と据え置き型では使用する場所やセンサー方式も異なりますが、どちらも同じクラウド上で管理。

酒気帯びが検知されると即座に管理者にメール通知されます。また、測定データは約3年間保存され必要に応じてダウンロードも可能です。

寿命お知らせや
メーカーメンテナンスで安心

使用する検知器はサービス提供元のアイリスオーヤマ製品なので直接購入が可能。メンテナンスや交換時期は管理画面から確認できますが、携帯型はセンサー寿命が近づくとお知らせする機能を搭載。

据え置き型は1年ごとに定期メンテナンスが必要で寿命後アルコールチェッカーは交換。メーカーメンテナンスが受けられるので安心です。

リーズナブルな
料金体系

検査から記録まですべて対応できて、なおかつリーズナブルな価格設定なのが特徴です。 顔認証据置型用ライセンスが16,500円/年(税込)、携帯型用ライセンスが5,500円/年(税込)で、月にならすと500~1500円程度。

法定管理項目を記録保存することもでき、必要な機能を押さえつつ、金額も抑えられたバランスの良いシステムです。

記録保管項目についての詳細を
公式サイトで詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの費用

測定データのクラウド管理は共通していますが、検知器の携帯型、顔認証据置型の違いにより2プランが用意されています。どちらも月額ではなく1年ごとに料金が発生し、顔認証据置型は2年目以降も検知器が使用できる場合は、クラウドサービス利用料のみとなります。

プラン名 初期費用 月額費用 特徴
携帯型+クラウドサービス なし 14,300円(税込)/台~ 携帯型のアルコールチェッカーで測定してからクラウド管理まで行うサービス。
顔認証据置型+クラウドサービス なし 223,300円(税込)/台~ 顔認証据置型のアルコールチェッカーで測定してから、クラウド管理まで行うサービス。

サービスの操作イメージ

サービスの導入事例

公式サイトには情報が見つかりませんでした。

サービスの提供元情報

  • 会社名…アイリスオーヤマ株式会社
  • 所在地…宮城県仙台市青葉区五橋2-12-1(本社)
  • 電話番号…022-221-3400
  • URL…https://www.irisohyama.co.jp/

アイリスオーヤマの公式サイトで
問い合わせをしてみる

電話で問い合わせる

安価な半導体ガス方式で
手軽にスタート

ALCクラウド
提供元:オートバックスセブン

ALCクラウド(オートバックスセブン)公式サイトキャプチャ
引用元:ALCクラウド(オートバックスセブン)公式サイト
(https://www.alc-autobacs.com/)
主な推奨アルコール
検知器
据え置き型:取扱いなし
持ち運び型:半導体ガス方式
サポート体制 メール:〇
電話:〇
費用 初期費用:0円
月額費用:880円(税込)/1ID~

サービスの特徴

小型・簡易な操作性で
管理機能も必要十分

携帯しやすい小型アルコール検知器を使用したクラウド管理サービス。スマートフォンと連携して息を吹き込むだけなので、場所を選ばず測定結果を送信することが可能です。

測定者の顔写真・測定値・測定日時も記録されるため、なりすましなど不正防止もできます。管理者はリアルタイムに測定結果を確認でき、グループごとの管理も可能です。

コストを抑えて導入
したい場合にぴったり

検知器本体以外の初期費用はかからず、月額料金も1IDごと設定されているので計算がしやすいです。検知器も1本から購入可能なので、コストをかけずにアルコールチェックをまずは始めたいという場合に向いています。

問い合わせはメールや電話で可能ですが、展示会も開催。導入前にシステムの使い勝手を試すことも可能です。

顧客の不満の声から
新しい機能を実装

利用している企業にサービスの満足度をヒアリングし、そこから抽出された不満の声に着目し、不満を解消する新たな機能を実装していっているのが特徴。

実装予定の機能は、日報の自動出力機能や多階層管理などで、一括承認機能の追加は実装協議中です。今後も管理者の悩みを解決でき、簡単に扱えるサービスとして進化を続けていくことでしょう。

半導体の検知器について詳細を
公式サイトで詳しくみる

電話で問い合わせる

サービスの費用

1IDごとの月額料金がかかるシンプルなプランのみです。サービスの初期費用はかかりませんが、携帯スティック型の検知器(PAB2000)を使用し、本体価格12,100円(税込)/本は別途かかります。なお、管理者IDは月額費用内で発行無制限となっています。

プラン名 初期費用 月額費用 特徴
クラウド利用料金 なし 880円(税込)/1ID アカウント発行料金は掛からず、管理者IDも無制限で発行可能。最低契約期間は1年間。携帯アプリと連携するのが必須で、キャリア通信料が別途かかる。

サービスの操作イメージ

サービスの導入事例

導入者のイメージイラスト
スマホ一台でアルコールチェック管理ができるように!

アルコールチェックに関する法改正があり導入を検討。ALCクラウドはスマホと連携できて使いやすいのが決め手でした。操作が簡単なことと社員の8割が社用車通勤で、導入する意義を徹底的に伝え習慣化できました。

参照元:ALCクラウド(オートバックスセブン)公式サイト(https://www.alc-autobacs.com/works/株式会社-東合板商会/
導入者のイメージイラスト
承認作業がスムーズに進むのが魅力

交通事故防止は以前から取り組んでいましたが、アルコールチェックは直行直帰スタイルの当社では不安でした。コンパクトで機能にも工夫があり導入前サポートの良さが決め手。使い勝手もよく承認作業も簡単にできます

参照元:ALCクラウド(オートバックスセブン)公式サイト(https://www.alc-autobacs.com/works/カルビー株式会社/

サービスの提供元情報

  • 会社名…株式会社オートバックスセブン
  • 所在地…東京都江東区豊洲5-6-52
  • 電話番号…0800-222-3045
  • URL…https://www.alc-autobacs.com/

オートバックスセブン公式サイトで
問合せしてみる

電話で問い合わせる

安全運転管理者のアルコール管理とは?
業務軽減につながるサービスを検証

アルコールチェック管理の義務化に伴い、増えてしまった業務の負荷を楽にできると注目の「パッケージ型のアルコールチェック管理サービス」。導入することによって、どれほど効果があるのか調査してみました。実際のセットアップ手順も紹介しています。

アルコール管理業務とは?
安全運転管理者は
ここから確認

サービス体験風景

クラウド型
アルコールチェック
管理サービス一覧

ここでは、クラウド管理サービスを提供する会社情報や主な特徴を一覧で紹介しています。気になったサービスは各紹介ページの詳細をあわせてご確認ください。

パイアール社の検知器・アルキラーNEXによるアルコール検査クラウドサービス。不正防止機能、点呼・記録簿自動生成、アラートメール送信などチェック機能も豊富です。

  • 会社名:株式会社パイ・アール
  • 所在地:大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル18F
  • 電話番号:06-6948-8011
  • URL:https://pai-r.com/

アルコールチェッククラウド管理サービス。遠隔地でも小型の検知器を使って一元管理が可能で、必要に応じて測定データのグループ化や酒気帯び確認記録表の出力もできます。

  • 会社名:日経マシナリー株式会社
  • 所在地:新潟県新潟市中央区明石1-7-20
  • 電話番号:025-245-9988
  • URL:https://www.nikkei-m.co.jp/

アルコールチェック機能を搭載した社用車の運行管理システム。運行管理、動態管理、車両管理と同列にアルコールチェック管理があり酒気帯び確認など点呼記録が管理できます。

  • 会社名:ジェネクスト株式会社
  • 所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-12 Attend on Tower7F
  • 電話番号:045-594-9366
  • URL:https://genext.co.jp/

スマホと連動させることで、外出先でもアルコール測定を行えるクラウド型のサービスです。測定結果とともに、運転者の写真が送信される仕組みなので、不正防止にもつながります。

  • 会社名:サンコーテクノ株式会社
  • 所在地:千葉県流山市南流山3-10-16
  • 電話番号:04-7157-3535
  • URL:https://st-alc.com/

スマホ連携型のアルコールチェック管理クラウドサービスです。自撮り・顔認証でなりすましを防止。点呼機能や管理者の複数割り当て、運転免許証有効期限チェックも可能です。

  • 会社名:株式会社 東計電算
  • 所在地:神奈川県川崎市中原区市ノ坪150
  • 電話番号:044-430-1311
  • URL:https://www.toukei.co.jp/

小型アルコール検知器に呼気を吹きかけることで運転者の酒気帯びを管理できるクラウドサービスです。測定値に異常が検知されると管理者にメール通知しグループ管理もできます。

  • 会社名:株式会社オートバックスセブン
  • 所在地: 東京都江東区豊洲5-6-52
  • 電話番号:0800-222-3045
  • URL:https://www.alc-autobacs.com/

ALPiTはアルコールチェックを自動化・一元管理するクラウド管理サービスです。専用アプリから簡単に検査結果を送信できます。また、全拠点の結果をクラウドに自動で記録するため、拠点ごとの記録を集約する手間がかかりません。

  • 会社名:アイリスオーヤマ株式会社
  • 所在地: 宮城県仙台市青葉区五橋2-12-1
  • 電話番号:022-221-3400
  • URL:https://www.irisohyama.co.jp/

運転者のアルコールチェックを一元管理できるクラウドサービス。検知器の使用回数上限や使用期限を設定したり、異常値検知を管理者に知らせるなどサポート機能が便利です。

  • 会社名:株式会社グロックス
  • 所在地:東京都中央区晴海トリトンスクエアX棟25階
  • 電話番号:03-5859-5966
  • URL:https://www.alsol.jp/

据え置き型・携帯型の両方の検知器に対応するアルコールチェッククラウド管理サービス。測定情報の管理だけでなく台帳管理や出退勤・運転日報、ToDo管理など多機能です。

  • 会社名:株式会社アネストシステム
  • 所在地:熊本県熊本市東区尾ノ上2-23-1
  • 電話番号:050-8882-5101
  • URL:https://anestsystem.jp/

C-Portalは、対応しているアルコール検知器と接続することで検査結果をクラウド上にて一括管理できます。またアルコール検査結果の管理だけでなく、社用車の運転におけるさまざまな項目を管理できるツールです。

  • 会社名:株式会社コムテック
  • 所在地:愛知県愛知郡東郷町大字諸輪字池上1-1
  • 電話番号:記載なし
  • URL:https://www.e-comtec.co.jp/

スマートフォンで簡単に酒気帯び確認ができ、結果を自動的にクラウド管理してくれるアルコールチェック管理サービスです。また運転日誌も同じようにクラウドで一元管理でき、オプションをつければドライバーの体調管理による危険運転も防止します。

  • 会社名:株式会社ユビテック
  • 所在地:東京都港区南麻布三丁目20番1号 Daiwa麻布テラス3階
  • 電話番号:記載なし
  • URL:https://www.ubiteq.co.jp

運転者のアルコールチェックを一元管理できるクラウドサービス。動態管理やドライブレコーダー記録など、docoですcarシリーズ全体で車両管理業務をサポートします。

  • 会社名:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
  • 所在地:東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
  • 電話番号:03-6700-3000
  • URL:https://www.ntt.com/index.html

アルコールチェックに重点を置くクラウド型の安全管理システムです。さまざまな検知器に対応し計測値をクラウド保存。運転前点検や運転日報などもスマホから登録できます。

  • 会社名:協和テクノロジィズ株式会社
  • 所在地:大阪府大阪市北区中崎1-2-23
  • 電話番号:06-6363-8800
  • URL:https://www.kyotec.co.jp/

安全運転管理者の業務効率化を支援するクラウドサービスです。すべてのアルコール検知器に対応し測定データ登録を自動化。登録ユーザーのみ使える認証機能にも対応します。

  • 会社名:株式会社エージェンテック
  • 所在地:東京都千代田区神田司町2-2 新倉ビル6F
  • 電話番号:03-6206-4361
  • URL:https://www.agentec.jp/

LINKEETHはより正確かつスマートなアルコールチェックを実現する、クラウド型アルコールチェックサービスです。ドライバーはいつどこでも測定でき、管理者は管理画面を通して測定結果をすぐに把握し、一元管理できます。

  • 会社名:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
  • 所在地:東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
  • 電話番号:記載なし
  • URL:https://www.ntt.com/index.html

車両からデータ収集し、それを安全運転KPIとしてクラウド管理するサービス。デジタルアルコールチェッカーに対応し、基準値を超えた測定値が検出されると通知されます。

  • 会社名:MODE, Inc.
  • 所在地:東京都中央区日本橋富沢町9-4 THE E.A.S.T.日本橋富沢町301
  • 電話番号:記載なし
  • URL:https://www.tinkermode.jp/

車両管理の総合クラウドサービスの一つに位置づけられるアルコールチェック管理システム。対象者をスマホカメラで撮影し、写真と検知器の測定値がクラウドに送信されます。

  • 会社名:フォルシアクラリオン・エレクトロニクス株式会社
  • 所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心7-2(本社・技術センター)
  • 電話番号:048-601-3700
  • URL:https://www.clarion.com/jp/ja/top.html

クラウド型の車両管理サービスです。アルコール検知器による測定結果の管理が可能で運行管理システムと連携。アルコールチェック以外に車両照会やドライバー管理もできます。

  • 会社名:トヨタモビリティサービス株式会社
  • 所在地:東京都中央区日本橋浜町2-12-4
  • 電話番号:03-4586-3900
  • URL:https://t-mobility-s.co.jp/

アルコールチェックと検温が同時にできるクラウドサービスです。事情に合わせて検知器の共有にも対応し、AI顔認証によるなりすまし防止や部門別管理機能も搭載しています。

  • 会社名:鈴与シンワート株式会社
  • 所在地:東京都港区芝4-1-23 三田NNビル22F
  • 電話番号:03-5440-2800
  • URL:https://www.shinwart.co.jp/

アイリス オーヤマ製の検知器によるアルコールチェッククラウド管理サービス。従業員の測定データを一元管理でき、酒気帯びが確認されると管理者までメール通知されます。

  • 会社名:アイリスオーヤマ株式会社
  • 所在地:宮城県仙台市青葉区五橋2-12-1(本社)
  • 電話番号:022-221-3400
  • URL:https://www.irisohyama.co.jp/

クラウド型アルコール検査記録システムです。免許証・写真撮影によるなりすまし防止機能搭載で、複数事業所一元管理や点呼記録簿作成・データ保管など管理機能に優れます。

  • 会社名:株式会社両備システムズ
  • 所在地:岡山県岡山市北区下石井2-10-12 杜の街グレース オフィススクエア4F
  • 電話番号:086-264-0111
  • URL:https://www.ryobi.co.jp/

飲酒チェック記録を自動化するクラウドサービスです。携帯型検知器とスマートフォンを連携したチェックを行って直行直帰にも対応。アルコール検出時はメール通知されます。

  • 会社名:日本テレマティーク株式会社
  • 所在地:東京都渋谷区初台1-34-14 初台TNビル4F
  • 電話番号:03-5351-1511
  • URL:https://www.nti.co.jp/

kintoneをプラットフォームとした、クラウド型アルコールチェックサービスです。顔認証や測定結果登録に対応し、Jobocoエディションはチャットボットも使えます。

  • 会社名:株式会社ジョイゾー
  • 所在地:東京都江東区東陽4-10-4 東陽町SHビル7F
  • 電話番号:記載なし
  • URL:https://www.joyzo.co.jp/

ハンディ・据え置き型に対応するアルコール検知AIクラウドシステム。どちらも顔認証機能を搭載し、出勤時・仕事開始時のアルコールチェックで勤怠時刻データも取得します。

  • 会社名:株式会社トリプルアイズ
  • 所在地:東京都千代田区神田駿河台3-4 龍名館本店ビルディング12階
  • 電話番号:03-3526-2425
  • URL:https://www.3-ize.jp/

アルコールマネージャー®はコンパクトで使いやすいアルコールチェッカーです。測定結果をクラウドに送信して一括管理できるほか、測定者の顔写真を撮影できるためなりすましを防止できるなど、さまざまな機能が搭載されています。

  • 会社名:有限会社ドリームチーム
  • 所在地:神奈川県横浜市青葉区田奈町43-3-2F
  • 電話番号:045-530-1037
  • URL:https://al-manager.com/

どのメーカーのアルコール検知器も使用できるアルのこクラウド。中小企業向けに作ったシンプル設計で、データの保管をクラウド上で行います。PC・スマホ・タブレットすべての端末で使用可能で、アプリケーションの設定やインストールも不要です。

  • 会社名:株式会社第四北越ITソリューションズ
  • 所在地: 新潟県新潟市中央区沼垂東2丁目11番21号
  • 電話番号:025-244-2101
  • URL:https://lp.arunoko.com/

アルポーターは、コンパクトで管理しやすく、簡単にアルコール測定を行うことができるアルコール検知器です。息を吹きかけるだけでアルコールを検知し、測定結果をクラウドで自動送信します。管理画面はブラウザからアクセス可能です。

  • 会社名:ミタチ産業株式会社
  • 所在地:名古屋市中区伊勢山二丁目11番28号 ミタチビル
  • 電話番号:052-332-2500(電子デバイスに関する問い合わせ)
  • URL:https://www.mitachi.co.jp/

アルコールチェックに特化したクラウド管理サービスです。多様な検知器に対応しスマホ連携しなくてもOCR機能でデータ取得。チェック報告や承認はメッセージ通知されます。

  • 会社名:ナビッピドットコム株式会社
  • 所在地:東京都中央区日本橋本町4-3-6 PMO新日本橋2F
  • 電話番号:03-6278-7981
  • URL:https://www.navi-p.com/homepage/

飲酒検査の見える化を目的とするクラウド型アルコールチェック管理サービス。検知器の開発元が提供しており、顔認証機能やデータ自動転送、測定記録一元管理に対応します。

  • 会社名:東海電子株式会社
  • 所在地:静岡県富士市厚原247-15
  • 電話番号:0545-67-8988
  • URL:https://lpfo.tokai-denshi.co.jp/

アルコールチェック対応のクラウド型の健康管理システムです。検知器の測定値を画像解析してデータ入力。チェックが行われると管理者にメール通知され一元管理ができます。

  • 会社名:株式会社ミライト・ワン・システムズ
  • 所在地:東京都江東区豊洲5-6-36
  • 電話番号:03-6807-3111
  • URL:https://www.mirait-one-systems.co.jp/

車両情報を一括管理できるクラウドサービスです。アルコールチェックに対応し、車両の利用状況、位置・走行データ、運行レポートなど安全運転管理者の業務全体を管理します。

  • 会社名:ソフトバンク株式会社
  • 所在地:東京都港区海岸1-7-1
  • 電話番号:03-6889-2000
  • URL:https://www.softbank.jp/

アルコールチェック測定記録を基本とするクラウド管理サービスです。携帯型の検知器で直行直帰の現場にも対応。アルコールチェックの他に車両予約や運転日誌管理も可能です。

  • 会社名:株式会社AIoTクラウド
  • 所在地:東京都江東区豊洲5-6-15 NBF豊洲ガーデンフロント
  • 電話番号:記載なし
  • URL:https://www.aiotcloud.co.jp/

アルコールチェックと運行管理が可能なクラウドサービスです。アルコールチェック時の写真撮影でなりすましを防止。車両・運行管理のビークスアシストには自動連携します。

  • 会社名:パイオニア株式会社
  • 所在地:東京都江東区東陽4-3-1 東陽町信栄ビル4F
  • 電話番号:050-5835-0396
  • URL:https://jpn.pioneer/ja/

アルコールチェック業務を一元管理できるクラウドサービスです。対応検知器の種類が多く、IPアドレス接続制限、異常値検知メール通知、グループ管理機能などを搭載します。

  • 会社名:株式会社インフォセンス
  • 所在地:東京都中央区勝どき6-5-23 山九ビル
  • 電話番号:03-3536-3439
  • URL:https://www.info-sense.co.jp/

アルコールチェックに対応する車両管理クラウドサービスです。燃費推移や車検情報の確認、メンテナンス通知などアルコール検査以外の管理機能も充実しているのが強みです。

  • 会社名:株式会社ソフト99コーポレーション
  • 所在地:大阪府大阪市中央区谷町2-6-5
  • 電話番号:06-6942-8761
  • URL:https://www.soft99.co.jp/

白ナンバーアルコールチェック義務化対応のクラウド管理システムです。スマホによる遠隔地IT点呼ができ、管理簿はクラウド上に1年間保存。データエクスポートも可能です。

  • 会社名:テレニシ株式会社
  • 所在地:大阪府大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー14F
  • 電話番号:03-5484-6080(東日本営業窓口)/06-7711-3378(西日本営業窓口)
  • URL:https://www.tele-nishi.co.jp/

アルコールチェックデータを管理するクラウドサービスです。チェック結果はスマホ・PCから報告でき、管理者は閲覧権限設定や検査結果閲覧、データダウンロードができます。

  • 会社名:株式会社ORSO
  • 所在地:東京都千代田区内神田2-4-6 WTC内神田ビル
  • 電話番号:記載なし
  • URL:https://www.orso.jp/

アルコールチェックデータを自動保存・一括管理するクラウドサービスです。アルコール検知器の交換時期に自動送付してくれるので、メンテナンス忘れがありません。測定回数や使用回数をクラウド管理しています。

  • 会社名:国際事務機株式会社
  • 所在地:東京都江戸川区南篠崎町3-27-5 IBM三番町ビル
  • 電話番号:0120-14-5931
  • URL:https://www.kokusaijimuki.co.jp/

アルコールチェック
管理サービスの

基礎知識

アルコール管理チェックサービスとは、アルコールチェックの測定や結果の保存などをPCソフトやクラウド上で行えるシステムです。サービスによって付帯する機能や費用、サポート体制などが異なるため、導入する前にしっかり調べておくことが大切です。

ここでは、アルコールチェックサービスの基本機能やプランの選び方、費用相場など、基本知識についてまとめています。

そもそもアルコールチェック管理とはどんな内容なのか、しっかりじっくり知りたい方はこちらへ。基本的なサービス内容から導入によって減ることが期待できる業務までをまとめています。

アルコールチェック管理サービスを導入しようと思っても、たくさんの製品があり、プランも多数用意されています。ここでは、プランを選ぶポイントをわかりやすくまとめています。

アルコールチェック管理サービスにおいてクラウドで管理してもらえる主なサービスについての解説と、あると便利な付帯サービスについてまとめています。

新たなサービスの導入に際し、慣れない作業に手間取ることも大きな懸念点となりますが、サポート体制が整っているサービスであればこの点も心配ありません。

導入時の初期費用やクラウドサービスの月々の利用料などの相場についてまとめました。導入への判断材料としてお役立てください。

アルコールチェックは直行直帰の場合でも、記録は必要になります。その場合の目視の方法や記録情報の通達方法などをまとめています。

安全運転管理者の業務として、アルコールチェック管理以外にも以前からある運転日報管理。運転日報管理に関する情報と、二つの関連性についてまとめています。

白ナンバー事業所といっても、その業界はさまざま。働き方や車の使用方法も異なります。それぞれの業界ではどのようにサービスを活用しているかまとめました。

2023年12月から、検知器を用いたアルコールチェックが義務化されています。ここでは、具体的な変更点や事業者が押さえておきたいポイントなどをまとめています。

アルコールチェックの自動記録

息を吹き込むだけで「いつ・どこで・誰が」アルコールチェックしたのか計測情報をクラウドシステムへ転送し、自動的に記録することが出来ます。手書きやエクセル管理のように手動で入力する必要がなく、チェックの際の立ち会いや入力業務の負担を大幅に軽減できます。

義務化対応のアルコールチェックアプリ

2022年4月より義務化されている、白ナンバー事業者のアルコールチェック業務。対面での酒気帯び確認や手書きによる結果保管などに負担を感じている安全運転管理者の方も多いのではないでしょうか。ここでは、アルコールチェック義務化に対応しており、かつ手軽に導入できるアプリを9つ紹介します。シンプルな機能で扱いやすいものから他の業務と連携できる多機能なものまでさまざまなので、ぜひ比較検討してみてください。

義務化対応のアルコール検知器メーカー

2022年10月に施行が予定されていた、アルコール検知器の使用によるアルコールチェックの義務化が延期されました。しかし、アルコール検知器の使用が義務化されるのは時間の問題といえるため、早めに準備しておくことをおすすめします。アルコール検知器のセンサーには電気化学式と半導体ガス式の2種類があり、精度が高いのは電気化学式です。そのため、正確なアルコールチェックを行うには電気化学式センサーを選ぶと間違いありません。ここでは、電気化学式センサーを製造しているアルコール検知器メーカーを中心にまとめています。

アルコールチェック義務化
Q&A

2022年4月、道路交通法によって義務化された「アルコールチェック」に関する疑問と回答を以下にまとめました。白ナンバー車両の運転事業者で、アルコールチェックの管理方法や対策が知りたい方は要チェックです。
アルコールチェック しないとどうなる?

アルコールチェック
しないとどうなる?

アルコールチェックを怠った場合の、代表者・安全運転管理者・その他の責任者に科される罰則や処分についてまとめています。従業員の飲酒運転が発覚すると、5年以下の懲役・100万円以下の罰金が科される場合もあるため注意が必要です。

アルコールチェックの記録・管理方法は?

アルコールチェックの
記録・管理方法は?

アルコールチェックの記録・管理に使用できる主な媒体は、紙やPC、クラウドシステム。ただし、紙やPCでの記録・管理は、手間や記入ミス、書類紛失の恐れなどがあるため、クラウドで管理するのがおすすめです。

アルコールチェックの方法は?

アルコールチェックの
方法は?

アルコールチェックは、大きく「アナログな方法(対面式)」と、「デジタルな方法(クラウド連携)」の二つに分けられます。前者は、コストをかけずに今すぐ始められるのが利点で、後者は、記録・管理の自動化により業務負担を軽減できるのが利点です。

アルコールチェックの対策は?

アルコールチェックの
対策は?

白ナンバー事業者が行う必要がある、アルコールチェックの内容や対策についてまとめています。また、アルコールチェック時の不正や、違反防止の対策もご紹介。社内周知の推進を考えている事業者は、チェックしてみてください。

安全運転管理者の業務は?

安全運転管理者の業務は?

安全運転管理者の基本的な業務内容と、今後増えることが予想される業務内容を紹介します。「アルコールチェックの義務化によって負担が増加した」と感じている事業主や安全運転管理者は、ぜひ参考にしてください。

従業員が酒気帯び運転で捕まったら?

従業員が酒気帯び運転で捕まったら?

従業員が酒気帯び運転で捕まった場合、酒類を勧めた時や社用車を貸与した時は会社が罪に問われるおそれがあります。業務中に従業員が事故を起こした時も同様に、会社が賠償責任を負うことになります。

もし従業員が酒気帯び運転を起こした場合、懲戒解雇を含めた処分を検討しましょう。また、従業員に対してアルコールチェックを徹底させるなどの再発防止策も必要です。

呼気アルコール濃度で引っかかる目安は?

呼気アルコール濃度で引っかかる目安は?

酒気帯び運転として検挙される目安は、呼気アルコール濃度0.15mg/L以上。ビール中びん1本飲んだだけで相当してしまうため、「少しだけなら飲酒しても捕まらないだろう」と考えてはなりません。

また、飲酒をしてから睡眠をとった場合でも、経過時間によっては翌朝までアルコールが体内に残っていることもあります。

安全運転管理者の
アルコール管理業務の改善法を検証