アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa
アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa » クラウド型アルコールチェック管理サービス 一覧 » AI-Contact(アイ・コンタクト)

AI-Contact(アイ・コンタクト)

AI-Contact(ジェネクスト)公式サイトキャプチャ
引用元:AI-Contact(ジェネクスト)公式サイト
https://ai-contact.jp/

ここでは、社用車のクラウド型運行管理システムとして提供されている【AI-Contact】の機能についてリサーチしました。社内で情報共有を行う仕組みやアルコールチェックも含む管理項目、導入までの流れやサポート体制、費用プラン、会社情報などについてご紹介します。

目次

AI-Contact(アイ・コンタクト)の特徴

取り扱っているアルコール検知器
の検知方式

AI-Contactは無料で利用できる運行管理システムです。アルコールチェック機能は中に組み込むかたちで提供されています。酒気帯び確認も含む点呼記録がシステムに保存され、必要に応じてデータ出力も可能です。

運営会社のジェネクストではオペレーターによるアルコールチェック代行サービスも提供しており、連動すれば管理業務を任せることもできます。また、スマホから情報を取得するため、車載器の購入も不要です。

1年に1回もしくはメーカー設定の検知回数を超えた場合、アルコール検知器のメンテナンスや買い替えが必要となるので、アルコール検知器に対してのサービス内容やどのような検知器を扱っているのかは確認必須です。

AI-Contact(アイ・コンタクト)
のサポート体制

「AI-Contact」セミナーが随時開催されています。セミナー内容は安全運転管理者の業務内容、AI-Contactのデモ実演、質疑応答などです。また、セミナーが開催されていない時期はビデオ会議による個別面談も行っています。

アルコールチェックも含めた安全運転管理の運用方法やサポート体制、対応する検知器などは、セミナーに参加したり、Web会議や直接問い合わせたりするなどして確認するのがおすすめです。

システム導入については、サポート体制が充実していると導入前の不安も軽減され、導入後のトラブルも早期に解決することが可能です。クラウドでのアルコールチェック管理サービスでよくあるサポート体制についてはこちらでまとめていますのでご確認ください。

AI-Contact(アイ・コンタクト)
の主な機能

アルコールチェック管理サービスは、AI-Contactのように運行・安全管理システムの一部として提供されることもあり、連動することで管理効率を上げられます。

クラウドで記録保管してくれるアルコールチェック管理サービスを選ぶ際に重要になるのが、サービスの充実です。ここでは、記録だけでなく検知器までまとめて提供してくれるパッケージ型のサービスを紹介しています。

業務が確実に楽になる
アルコールチェック
管理サービス
3選を確認する

AI-Contact(アイ・コンタクト)のプラン数

運行・安全管理が可能なシリーズとしてAI-Contactフリート、AI-Contactモバイル、AI-Contact NOWの3つがありますが、アルコールチェック/電子記録に対応しているのはフリートとNOWの2つです。

AI-Contactフリートは無料で利用できる運行管理システムですが、アルコールチェック代行サービスとセットにすることで、漏れのないチェック記録・管理が可能になる仕組みになっています。

AI-Contact(アイ・コンタクト)の費用

AI-Contactフリート

初期費用 月額 追加ID費用
0円 0円 -

※永年費用負担なし

AI-Contact NOW

初期費用 月額 追加ID費用
0円 1,480円(税不明) -

※アルコールチェック代行は1コール59円(税不明)~

実際に導入する際、費用も気になりますが、効果がどれくらいあるのもなのかが気になるところです。こちらでは、サービス導入によりどれくらいアルコールチェック管理が楽になるのか体験レポートをまとめています。また、安全運転管理者の業務についても概要をまとめていますので、あわせてご確認ください。

【特集】安全運転管理者の
アルコールチェック業務確認と
管理サービスの検証

AI-Contact(アイ・コンタクト)の事例

公式サイトには情報が見つかりませんでした。

AI-Contact(アイ・コンタクト)の企業情報

パッケージ型のおすすめ
アルコールチェック管理サービス3選
パッケージ型のアルコールチェック管理サービスは機能の充実さ、取り扱い検知器の検知方式などさまざまな製品がそろっています。パッケージ型の26製品の機能や取扱い検知器などを調査したうえで、機能・コストなど導入の決め手となるポイントに分けてオススメの3選を紹介します。
それぞれ、おすすめの事業主も合わせて初会しているので、気になるサービスは公式サイトなどで詳しく調べてみましょう。
運転管理業務を一元化で
スムーズ運用
BSS for ALC
(アネストシステム)
株式会社アネストシステム公式サイト
引用元:BSS for ALC
(アネストシステム)公式サイト
(https://bss-alc.info/)
特徴

運転日報や体温測定、給油管理など14種もの管理機能が付帯。据え置き型のプランを契約すれば、スマホアプリの追加費用が不要。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:電気化学方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 煩雑となった、運転業務関連の記録を一元化したい
  • 今後増えていく人員に対して、追加費用をなるべく抑えたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

法定管理項目を
しっかり記録保管
アルコールチェッカー
クラウドサービス
(アイリスオーヤマ)
アイリスオーヤマ株式会社公式サイト
引用元:アルコールチェッカークラウドサービス
(アイリスオーヤマ)公式サイト
(https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/products/alcohol-detector/cloud-service/)
特徴

アルコール測定結果や運転者情報など、法定管理項目をシンプルに記録保管。自社製品のアルコール検知器で同時に管理可能。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • とにかく義務化された項目だけ、記録管理したい
  • 知名度の高い企業の検知器とシステムで安心感も得たい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

安価な半導体ガス方式で
手軽にスタート
ALCクラウド
(オートバックスセブン)
株式会社オートバックスセブン公式サイト
引用元:ALCクラウド
(オートバックスセブン)公式サイト
(https://www.alc-autobacs.com/)
特徴

安価な半導体方式のアルコール検知器一台の価格とアプリ運用費用一台毎の費用なので総額の単純計算可能。25名以上のお得パックもあり。

  • 据え置き型:取扱いなし
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 精度は度外視で、とにかく安くスタートさせたい
  • 一人一台携帯用のアルコール検知器を持たせたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

※選定条件
「アルコールチェック管理サービス」とGoogle検索し、公式サイトにおいてクラウドで自動記録管理を提供している会社30社を掲載。
その中から管理サービスのみではなくアルコール検知器についても提供できることが明記されている26社から、ユーザが求めるであろう以下の条件で会社を選定。(2023年1月24日時点)
BSS for ALC…26社のうちで業務管理項目が最も多く一元管理が可能なサービス
アルコールチェッカークラウドサービス…26社のうちで管理内容が法定項目だけのシンプルなサービス
ALCクラウド…26社のうちで半導体方式の検知器を使用した最も導入費用が安いサービス