アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa
アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa » アルコールチェック義務化QA

アルコールチェック義務化QA

2022年4月、道路交通法では、白ナンバー事業者が、運転者に対し運転前後にアルコールチェックを行うことが義務付けられました。ここでは、アルコールチェックの記録・管理方法や違反をした際の罰則など、気になる点をまとめています。

アルコールチェック しないとどうなる?

アルコールチェックを行った場合の、代表者や安全運転管理者、その他の責任者に対する罰則や処分について下記にまとめました。従業員の飲酒運転が発覚した場合、5年以下の懲役や100万円以下の罰金が科されることもあるため注意が必要です。

アルコールチェックをしないと...?
違反が発覚した際の罰則を確認する

アルコールチェックの記録・管理方法は?

アルコールチェックの記録や管理方法には、紙やPC、クラウドシステム上で管理するなどいくつかの種類があります。紙やエクセルでの管理は入力の手間や記入ミス、書類紛失のリスクなどがあるため、便利に利用するならクラウド管理がおすすめです。

アルコールチェックの記録・管理方法について、詳しくは下記をご覧ください。

アルコールチェックの記録・管理方法を
詳しく見てみる

アルコールチェックの方法は?

アルコールチェックは主に、対面式でのアナログな方法と、アルコール検知器を使用しクラウド連携するなどのデジタルな方法に分けられます。アナログのメリットはコストをかけず今すぐに始められること、デジタルのメリットは記録や管理の自動化により業務負担を大幅に軽減できることです。

下記では、アルコールチェックの方法を詳しく紹介しているので、ご参照ください。

アルコールチェックの方法は?
詳細を見てみる

アルコールチェックの対策は?

白ナンバー事業者が行うべきアルコールチェックの内容と対策としては、社内規則を作ったり、お酒が抜ける時間を周知したりすることなどが挙げられます。下記では、不正や違反を防止するための対策も併せて紹介しているので、社内周知を推進したい事業者の方はチェックしてみてください。

アルコールチェックの対策は?
詳しく確認してみる

安全運転管理者の業務は?

安全運転管理者の主な業務は、運転者の適正等の把握や運行計画の作成などです。

下記では、安全運転管理者の一般的な業務内容と、今後増えることが予想される業務内容について紹介します。アルコールチェックの義務化で負担が増えたと感じている事業主や安全運転管理者の方は参考にしてください。

安全運転管理者の業務は?
内容をチェックしてみる

従業員が酒気帯び運転で捕まったら?

従業員が酒気帯び運転で捕まった場合、酒類を勧めた時や社用車を貸与した時は会社が罪に問われるおそれがあります。業務中に従業員が事故を起こした時も同様で、会社が賠償責任を負うことになります。もし従業員が酒気帯び運転を起こした場合、懲戒解雇を含めた処分を検討しましょう。また、従業員に対してアルコールチェックを徹底させるなどの再発防止策も必要です。

従業員が酒気帯び運転で捕まったら?
内容をチェックしてみる

アルコールチェック管理の業務が
かんたん、楽ちんになる
パッケージ型サービス3選
チェック