アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa
アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa » クラウド型アルコールチェック管理サービス 一覧 » ALCクラウド

ALCクラウド

ALCクラウド(オートバックスセブン)公式サイトキャプチャ
引用元:ALCクラウド(オートバックスセブン)公式サイト
https://www.alc-autobacs.com/

ここでは、運転前後のドライバーの酒気帯び状態をクラウドで管理する【ALCクラウド】についてリサーチしました。スマホと連動したアルコールチェッカーを使った測定方法や、安全運転管理者のさまざまな悩みを解決できる管理機能、プラン料金、導入事例などをご紹介します。

目次

ALCクラウドの特徴

取り扱っているアルコール検知器の
検知方式

ALCクラウドは携帯型の小型アルコール検知器を使用したクラウド型アルコールチェック管理サービスです。スマートフォンと連携して場所を選ばずに簡単に測定することが可能で、すり抜けやなりすましも防止できます。

測定結果はクラウドにリアルタイム送信されるので、測定場所が遠隔地であっても管理者側は事業所にいながら確認が可能。検査結果に異常を検知した場合は管理者に自動通知されるため、ドライバー対応もスピーディーにできます。

1年に1回もしくはメーカー設定の検知回数を超えた場合、アルコール検知器のメンテナンスや買い替えが必要となるので、アルコール検知器に対してのサービス内容やどのような検知器を扱っているのかは確認必須です。

ALCクラウドのサポート体制

ALCクラウドは、展示会を開催しています。また、参加が難しい遠方の業者に向けて、同じ内容をオンラインで簡単にご説明する場を設定。さらに、問い合わせフォームから資料をダウンロードすることも可能です。

ALCクラウドの使い方に関しては、公式ページに解説動画(YouTube)があります。その他、オートバックスアルコールチェッカーサポートセンター(フリーコール:0800-222-3045)で直接問い合わせを受け付けているのも特徴です。

システム導入については、サポート体制が充実していると導入前の不安も軽減され、導入後のトラブルも早期に解決することが可能です。クラウドでのアルコールチェック管理サービスでよくあるサポート体制についてはこちらでまとめていますのでご確認ください。

ALCクラウドの主な機能

ALCクラウドはこうした管理機能以外にも、スマートフォンへの連携によって遠隔地で測定できたり、クラウドにデータが即時記録されたりするなど、業務のペーパーレス化にも貢献します。

クラウドで記録保管してくれるアルコールチェック管理サービスを選ぶ際に重要になるのが、サービスの充実です。ここでは、記録だけでなく検知器までまとめて提供してくれるパッケージ型のサービスを紹介しています。

業務が確実に楽になる
アルコールチェック
管理サービス
3選を確認する

ALCクラウドのプラン数

ALCクラウドのプランは1種類で、初期費用はかからず1IDごとの月額利用料金が設定されているだけなので、シンプルでランニングコストが計算しやすいのが特徴です。スマホアプリと連携させるのでキャリア通信料はかかります。

また、スティックタイプのアルコール検知器(PAB2000)は別途購入が必要ですが、1本から購入できるため、利用者数に応じて段階的に検知器を増やしていくことが可能です。アカウント発行料金もかからず導入しやすいでしょう。

ALCクラウドの費用

クラウド料金

初期費用 月額 追加ID費用
0円 880円(税込)/ID 公式サイトには情報が見つかりませんでした。

※管理者IDは発行無制限

※本体価格12,100円(税込)/本は別途かかります。

実際に導入する際、費用も気になりますが、効果がどれくらいあるのもなのかが気になるところです。こちらでは、サービス導入によりどれくらいアルコールチェック管理が楽になるのか体験レポートをまとめています。また、安全運転管理者の業務についても概要をまとめていますので、あわせてご確認ください。

【特集】安全運転管理者の
アルコールチェック業務確認と
管理サービスの検証

ALCクラウドの事例

簡単操作で、社員のアルコールチェックの習慣化に成功

アルコールチェックに関する法改正があり導入を検討。ALCクラウドはスマホと連携できて使いやすいのが決め手でした。操作が簡単なことと社員の8割が社用車通勤で、導入する意義を徹底的に伝え習慣化できました。

参照元:オートバックスセブン・ALCクラウド公式ページ(https://www.alc-autobacs.com/works/株式会社-東合板商会/

計測作業に負荷がなく、ドライバーが多くてもスムーズな導入が可能

350名ほどのドライバーが直行・直帰スタイルなのでアルコールチェックできるか不安でした。しかし検知器がコンパクトでなりすまし防止など機能面に優れており、計測作業自体に負荷がないので導入もスムーズにできました。

参照元:オートバックスセブン・ALCクラウド公式ページ(https://www.alc-autobacs.com/works/カルビー株式会社/

ALCクラウドの企業情報

パッケージ型のおすすめ
アルコールチェック管理サービス3選
パッケージ型のアルコールチェック管理サービスは機能の充実さ、取り扱い検知器の検知方式などさまざまな製品がそろっています。パッケージ型の26製品の機能や取扱い検知器などを調査したうえで、機能・コストなど導入の決め手となるポイントに分けてオススメの3選を紹介します。
それぞれ、おすすめの事業主も合わせて初会しているので、気になるサービスは公式サイトなどで詳しく調べてみましょう。
運転管理業務を一元化で
スムーズ運用
BSS for ALC
(アネストシステム)
株式会社アネストシステム公式サイト
引用元:BSS for ALC
(アネストシステム)公式サイト
(https://bss-alc.info/)
特徴

運転日報や体温測定、給油管理など14種もの管理機能が付帯。据え置き型のプランを契約すれば、スマホアプリの追加費用が不要。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:電気化学方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 煩雑となった、運転業務関連の記録を一元化したい
  • 今後増えていく人員に対して、追加費用をなるべく抑えたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

法定管理項目を
しっかり記録保管
アルコールチェッカー
クラウドサービス
(アイリスオーヤマ)
アイリスオーヤマ株式会社公式サイト
引用元:アルコールチェッカークラウドサービス
(アイリスオーヤマ)公式サイト
(https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/products/alcohol-detector/cloud-service/)
特徴

アルコール測定結果や運転者情報など、法定管理項目をシンプルに記録保管。自社製品のアルコール検知器で同時に管理可能。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • とにかく義務化された項目だけ、記録管理したい
  • 知名度の高い企業の検知器とシステムで安心感も得たい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

安価な半導体ガス方式で
手軽にスタート
ALCクラウド
(オートバックスセブン)
株式会社オートバックスセブン公式サイト
引用元:ALCクラウド
(オートバックスセブン)公式サイト
(https://www.alc-autobacs.com/)
特徴

安価な半導体方式のアルコール検知器一台の価格とアプリ運用費用一台毎の費用なので総額の単純計算可能。25名以上のお得パックもあり。

  • 据え置き型:取扱いなし
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 精度は度外視で、とにかく安くスタートさせたい
  • 一人一台携帯用のアルコール検知器を持たせたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

※選定条件
「アルコールチェック管理サービス」とGoogle検索し、公式サイトにおいてクラウドで自動記録管理を提供している会社30社を掲載。
その中から管理サービスのみではなくアルコール検知器についても提供できることが明記されている26社から、ユーザが求めるであろう以下の条件で会社を選定。(2023年1月24日時点)
BSS for ALC…26社のうちで業務管理項目が最も多く一元管理が可能なサービス
アルコールチェッカークラウドサービス…26社のうちで管理内容が法定項目だけのシンプルなサービス
ALCクラウド…26社のうちで半導体方式の検知器を使用した最も導入費用が安いサービス