アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa
アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa » クラウド型アルコールチェック管理サービス 一覧 » クラウド飲酒管理 ALC-web

クラウド飲酒管理 ALC-web

クラウド飲酒管理 ALC-web(東海電子)公式サイトキャプチャ
引用元:クラウド飲酒管理 ALC-web(東海電子)公式サイト
https://lpfo.tokai-denshi.co.jp/cloud/1_ALC-web

ここでは、従業員の飲酒検査を見える化するために開発されたクラウド型のアルコールチェック管理サービス【ALC-web】についてリサーチ。アルコール測定システムの特徴や専用の検知器の仕様、チェックデータを集約・閲覧できる管理機能についてご紹介します。

目次

クラウド飲酒管理 ALC-webの特徴

取り扱っているアルコール検知器の
検知方式

クラウド飲酒管理 ALC-webは、東海電子が運輸業の各種データの一元管理を目的とするクラウドプラットフォーム「運輸安全PRO」のサブシステムとして機能する、アルコールチェッククラウド管理サービスです。

東海電子は検知器ハードウェアの開発・製造も行っており、ALC-webはその機能をフル活用できるサービスとして提供。検知器からクラウド上にデータが登録されるので、安全運転管理者はリアルタイムにチェック状況を把握できます。

1年に1回もしくはメーカー設定の検知回数を超えた場合、アルコール検知器のメンテナンスや買い替えが必要となるので、アルコール検知器に対してのサービス内容やどのような検知器を扱っているのかは確認必須です。

クラウド飲酒管理 ALC-webの
サポート体制

サービスに関する問い合わせや料金プランの相談、資料請求については電話や公式サイトの申込みフォームから受付けています。また、運輸安全サポート専門サイトとして、アルコール検知器も含むFAQがまとめられているのも特徴です。

安全教育や点呼システム、アルコール基礎知識など幅広いテーマでオンラインWEBセミナーも随時開催。アルコールチェック管理システムを通じて、安全管理についてもっと深掘りして検討したい場合に適しています。

システム導入については、サポート体制が充実していると導入前の不安も軽減され、導入後のトラブルも早期に解決することが可能です。クラウドでのアルコールチェック管理サービスでよくあるサポート体制についてはこちらでまとめていますのでご確認ください。

クラウド飲酒管理 ALC-webの主な機能

クラウド飲酒管理 ALC-webはアルコールチェックに特化していますが、東海電子が提供する他のクラウド型運行管理とも連携が可能で、拡張性にも優れたサービス。

クラウドで記録保管してくれるアルコールチェック管理サービスを選ぶ際に重要になるのが、サービスの充実です。ここでは、記録だけでなく検知器までまとめて提供してくれるパッケージ型のサービスを紹介しています。

業務が確実に楽になる
アルコールチェック
管理サービス
3選を確認する

クラウド飲酒管理 ALC-webのプラン数

クラウド飲酒管理 ALC-webは、他の同様の管理サービスとは料金体系が異なり、1営業所単位の年間ライセンス方式を採用しています。ユーザー数が増えてもその都度料金が加算されることはなく、1法人最大500名分まで使用が可能です。

仮に約40名の従業員が勤務する営業所が全国10か所にある会社の場合、年間10ライセンス分(13,200円×10)の料金がかかり、全従業員を一元管理する場合は1法人500名以下ですので、管理数の上限を超えません。

クラウド飲酒管理 ALC-webの費用

年間ライセンス

初期費用 月額 追加ID費用
公式サイトには情報が見つかりませんでした。 13,200円(税込)1営業所単位 なし(1法人最大500名分まで)

実際に導入する際、費用も気になりますが、効果がどれくらいあるのもなのかが気になるところです。こちらでは、サービス導入によりどれくらいアルコールチェック管理が楽になるのか体験レポートをまとめています。また、安全運転管理者の業務についても概要をまとめていますので、あわせてご確認ください。

【特集】安全運転管理者の
アルコールチェック業務確認と
管理サービスの検証

クラウド飲酒管理 ALC-webの事例

操作がシンプルで使いやすく、気づけば導入後10年が経過

アルコール検知器を導入してから10年以上経ちますが、操作方法がシンプルで使いやすいのが継続できている理由です。また困りごとがなくても、メンテナンスに来てくれてアフターケアがしっかりしているのが魅力です。

参照元:東海電子公式ページ(https://lpfo.tokai-denshi.co.jp/userreport_suzukei

検査の様子が記録され、なりすましの防止につながるのが魅力

据え置き型と携帯型の両方の検知器を利用しており、安全運転の基幹部分を担っています。検査の様子を撮影・記録するので、他人が使用していない証明となり確実な検査が可能・またデータを一括管理できるので使いやすいです。

参照元:東海電子公式ページ(https://lpfo.tokai-denshi.co.jp/userreport_epoch

検知器とデジタルタコグラフの連動で、情報管理が円滑に

飲酒運転防止の徹底のために導入。客観的データがあれば行動を見つめ直すきっかけになりますし、話し合いもできます。アルコール検知器とデジタルタコグラフを連動する工夫もしており日々の情報管理が円滑になりました。

参照元:東海電子公式ページ(https://lpfo.tokai-denshi.co.jp/userreport_mochimuneunyu

クラウド飲酒管理 ALC-webの企業情報

パッケージ型のおすすめ
アルコールチェック管理サービス3選
パッケージ型のアルコールチェック管理サービスは機能の充実さ、取り扱い検知器の検知方式などさまざまな製品がそろっています。パッケージ型の26製品の機能や取扱い検知器などを調査したうえで、機能・コストなど導入の決め手となるポイントに分けてオススメの3選を紹介します。
それぞれ、おすすめの事業主も合わせて初会しているので、気になるサービスは公式サイトなどで詳しく調べてみましょう。
運転管理業務を一元化で
スムーズ運用
BSS for ALC
(アネストシステム)
株式会社アネストシステム公式サイト
引用元:BSS for ALC
(アネストシステム)公式サイト
(https://bss-alc.info/)
特徴

運転日報や体温測定、給油管理など14種もの管理機能が付帯。据え置き型のプランを契約すれば、スマホアプリの追加費用が不要。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:電気化学方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 煩雑となった、運転業務関連の記録を一元化したい
  • 今後増えていく人員に対して、追加費用をなるべく抑えたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

法定管理項目を
しっかり記録保管
アルコールチェッカー
クラウドサービス
(アイリスオーヤマ)
アイリスオーヤマ株式会社公式サイト
引用元:アルコールチェッカークラウドサービス
(アイリスオーヤマ)公式サイト
(https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/products/alcohol-detector/cloud-service/)
特徴

アルコール測定結果や運転者情報など、法定管理項目をシンプルに記録保管。自社製品のアルコール検知器で同時に管理可能。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • とにかく義務化された項目だけ、記録管理したい
  • 知名度の高い企業の検知器とシステムで安心感も得たい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

安価な半導体ガス方式で
手軽にスタート
ALCクラウド
(オートバックスセブン)
株式会社オートバックスセブン公式サイト
引用元:ALCクラウド
(オートバックスセブン)公式サイト
(https://www.alc-autobacs.com/)
特徴

安価な半導体方式のアルコール検知器一台の価格とアプリ運用費用一台毎の費用なので総額の単純計算可能。25名以上のお得パックもあり。

  • 据え置き型:取扱いなし
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 精度は度外視で、とにかく安くスタートさせたい
  • 一人一台携帯用のアルコール検知器を持たせたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

※選定条件
「アルコールチェック管理サービス」とGoogle検索し、公式サイトにおいてクラウドで自動記録管理を提供している会社30社を掲載。
その中から管理サービスのみではなくアルコール検知器についても提供できることが明記されている26社から、ユーザが求めるであろう以下の条件で会社を選定。(2023年1月24日時点)
BSS for ALC…26社のうちで業務管理項目が最も多く一元管理が可能なサービス
アルコールチェッカークラウドサービス…26社のうちで管理内容が法定項目だけのシンプルなサービス
ALCクラウド…26社のうちで半導体方式の検知器を使用した最も導入費用が安いサービス