アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa
アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa » クラウド型アルコールチェック管理サービス 一覧 » MODEモビリティクラウド

MODEモビリティクラウド

MODEモビリティクラウド(MODE, Inc.)公式サイトキャプチャ
引用元:MODEモビリティクラウド(MODE, Inc.)公式サイト
https://www.tinkermode.jp/mobility_cloud

ここでは、デバイスやセンサーからデータを収集することで安全運転を支援する【MODEモビリティクラウド】について調査。対応するアルコール検知器の種類やクラウド上でのデータ管理の仕組み、その他注目できる機能、企業の導入事例などについてご紹介します。

目次

MODEモビリティクラウドの特徴

取り扱っているアルコール検知器の
検知方式

MODEモビリティクラウドは自動車や産業用車両からデータ収集し、それを安全運転KPIとしてクラウド管理するサービスです。アルコールチェック義務化に伴い、フィガロ技研製のデジタルアルコールチェッカーに対応しました。

生体センサーから取得したデータを使って居眠り運転などの危険運転を抑制し、位置情報や走行データから適した経路をピックアップ、また環境センサーから配達車両の積荷の計測といったことも可能で活用範囲が広いのが特徴です。

1年に1回もしくはメーカー設定の検知回数を超えた場合、アルコール検知器のメンテナンスや買い替えが必要となるので、アルコール検知器に対してのサービス内容やどのような検知器を扱っているのかは確認必須です。

MODEモビリティクラウドの
サポート体制

MODEモビリティクラウドのサポート体制について詳しい情報は見つかりませんでした。MODEのサービス全体の説明や企業のDX化に関する無料のオンラインセミナーは随時開催されており、アーカイブも観られます。

料金・見積もりや対応するセンサーなどについて確認したい場合は、問い合わせフォームを利用することが可能です。その他、MODEモビリティクラウドの開発者向けマニュアルなども公式サイトで公開されています。

システム導入については、サポート体制が充実していると導入前の不安も軽減され、導入後のトラブルも早期に解決することが可能です。クラウドでのアルコールチェック管理サービスでよくあるサポート体制についてはこちらでまとめていますのでご確認ください。

MODEモビリティクラウドの主な機能

MODEモビリティクラウドにとって、アルコール検知器はデータ収集のための機器の一つ。その他のさまざまなセンサーのデータと合わせて車両や運転者の状況を把握できます。

クラウドで記録保管してくれるアルコールチェック管理サービスを選ぶ際に重要になるのが、サービスの充実です。ここでは、記録だけでなく検知器までまとめて提供してくれるパッケージ型のサービスを紹介しています。

業務が確実に楽になる
アルコールチェック
管理サービス
3選を確認する

MODEモビリティクラウドの
プラン数

MODEは、センサーデータをクラウドに収集して業務改善や生産性向上に役立てることを基本コンセプトとしています。MODEモビリティクラウドは、その技術を車両や安全管理に向けたサービスとして提供。

そのため、クラウド上でデータ管理を行うことは共通していますが、決まったプランではありません。導入企業の目的に合わせ、生体センサーやアルコールチェッカーなどを活用した、オールインワンパッケージソリューションとなっています。

MODEモビリティクラウドの費用

公式サイトには情報が見つかりませんでした。

実際に導入する際、費用も気になりますが、効果がどれくらいあるのもなのかが気になるところです。こちらでは、サービス導入によりどれくらいアルコールチェック管理が楽になるのか体験レポートをまとめています。また、安全運転管理者の業務についても概要をまとめていますので、あわせてご確認ください。

【特集】安全運転管理者の
アルコールチェック業務確認と
管理サービスの検証

MODEモビリティクラウドの事例

リアルタイムの状況が把握できるので、業務指示が簡単に!

人手不足によるドライバーの運転時間の増加がリスクを高めており、運行管理の向上のために導入。運転時の位置情報やドライバーのリアルタイムの状況が把握できるようになり業務指示や休憩を促すなど対策が可能になりました。

参照元:MODE公式ページ(https://lp.tinkermode.jp/ja/case-study_mobility-3

危険運転の警告だけでなく、運行計画の改善もできるのが魅力

業務中の交通事故防止のための対策が課題でした。MODEモビリティクラウド導入後は速度超過や居眠り運転などの危険運転の検知・警告だけでなくデータ分析による運行計画の改善までできるようになり交通事故防止につながっています。

参照元:MODE公式ページ(https://lp.tinkermode.jp/ja/case-study_mobility-5

運転者の活動状況から保安機器の設置状況まで、一元管理が可能に

鉄道建設工事は安全確保した上で限られた時間内に行いますが以前は人力に頼っていました。導入後は軌陸車の位置情報や工事関係者の活動状況・バイタル情報、保安機器の設置状況まで一元管理でき、統合可視化できました。

参照元:MODE公式ページ(https://www.tinkermode.jp/interview/jrestartup

MODEモビリティクラウドの
企業情報

パッケージ型のおすすめ
アルコールチェック管理サービス3選
パッケージ型のアルコールチェック管理サービスは機能の充実さ、取り扱い検知器の検知方式などさまざまな製品がそろっています。パッケージ型の26製品の機能や取扱い検知器などを調査したうえで、機能・コストなど導入の決め手となるポイントに分けてオススメの3選を紹介します。
それぞれ、おすすめの事業主も合わせて初会しているので、気になるサービスは公式サイトなどで詳しく調べてみましょう。
運転管理業務を一元化で
スムーズ運用
BSS for ALC
(アネストシステム)
株式会社アネストシステム公式サイト
引用元:BSS for ALC
(アネストシステム)公式サイト
(https://bss-alc.info/)
特徴

運転日報や体温測定、給油管理など14種もの管理機能が付帯。据え置き型のプランを契約すれば、スマホアプリの追加費用が不要。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:電気化学方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 煩雑となった、運転業務関連の記録を一元化したい
  • 今後増えていく人員に対して、追加費用をなるべく抑えたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

法定管理項目を
しっかり記録保管
アルコールチェッカー
クラウドサービス
(アイリスオーヤマ)
アイリスオーヤマ株式会社公式サイト
引用元:アルコールチェッカークラウドサービス
(アイリスオーヤマ)公式サイト
(https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/products/alcohol-detector/cloud-service/)
特徴

アルコール測定結果や運転者情報など、法定管理項目をシンプルに記録保管。自社製品のアルコール検知器で同時に管理可能。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • とにかく義務化された項目だけ、記録管理したい
  • 知名度の高い企業の検知器とシステムで安心感も得たい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

安価な半導体ガス方式で
手軽にスタート
ALCクラウド
(オートバックスセブン)
株式会社オートバックスセブン公式サイト
引用元:ALCクラウド
(オートバックスセブン)公式サイト
(https://www.alc-autobacs.com/)
特徴

安価な半導体方式のアルコール検知器一台の価格とアプリ運用費用一台毎の費用なので総額の単純計算可能。25名以上のお得パックもあり。

  • 据え置き型:取扱いなし
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 精度は度外視で、とにかく安くスタートさせたい
  • 一人一台携帯用のアルコール検知器を持たせたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

※選定条件
「アルコールチェック管理サービス」とGoogle検索し、公式サイトにおいてクラウドで自動記録管理を提供している会社30社を掲載。
その中から管理サービスのみではなくアルコール検知器についても提供できることが明記されている26社から、ユーザが求めるであろう以下の条件で会社を選定。(2023年1月24日時点)
BSS for ALC…26社のうちで業務管理項目が最も多く一元管理が可能なサービス
アルコールチェッカークラウドサービス…26社のうちで管理内容が法定項目だけのシンプルなサービス
ALCクラウド…26社のうちで半導体方式の検知器を使用した最も導入費用が安いサービス