アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa
アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa » クラウド型アルコールチェック管理サービス 一覧 » アルキラーNEX

アルキラーNEX

アルキラーNEX(パイ・アール)の公式サイトキャプチャ
引用元:アルキラーNEX(パイ・アール)公式サイト
https://pai-r.com/product/alkillernex/

ここでは、パイ・アール社が提供するアルコール検知器【アルキラーNEX】によるアルコール検査クラウドサービスについてまとめました。

シンプルな操作性ながら正確なチェックと情報管理を実現し、持ち運びが可能なモバイル版モデルと複数人で使用できる据置版モデルを選べるアルキラーNEXについて、ご興味を持たれた方はぜひサービス概要資料もご確認ください。

継続利用率99.7%のアルコール検知器
「アルキラーNEX」の問合せはこちら

目次

アルキラーNEXの特徴

取り扱っているアルコール検知器の
検知方式

アルキラーNEXは、J-BAC(アルコール検知器協議会)に認定された検知器を使用したアルコールチェック管理クラウドサービスです。1人1台で使用するモバイル版モデルは半導体式ガスセンサーで、据置版の複数人共用モデルは電気化学式(燃料電池式)ガスセンサーと、使用用途にあわせて2種類のモデルを選ぶことができます

モバイル版モデルは、アルキラーNEXのアプリをダウンロードした端末とBluetooth接続することが可能なので、出先での使用が可能。据置版は端末と専用ケーブルで接続する必要がありますが、より使用回数の上限回数が多く、営業所や事業所での利用に適しています。

検知結果やドライバーのデータはクラウド上で一元管理され、データ書き換え不可なのでごまかし防止も対策、顔認証とワンタイムパス(都度発行されるパスワード)によりなりすましも防止されているなど、厳密な管理が行えます。

検知器もアプリも、老若男女問わず操作できるシンプルな設計なので、、現場での導入もスムーズ。管理者側も検知器と社員が自動的に紐付けされ、クラウド上にデータが自動送信されるので、記録集計の手間が大幅に軽減されます。

スマホやタブレットを使った簡単操作でアルコールチェックができるので、使用方法や導入方法に関して詳しく知りたい方は、アルキラーNEXについて下記からお問合せください。

継続利用率99.7%のアルコール検知器
「アルキラーNEX」の問合せはこちら

アルキラーNEXのサポート体制

アルキラーNEXは年1回の定期メンテナンスを行っており、機器の整備や専用マウスピースの交換などを行っています。

こうした定期メンテナンス費用、センサー洗浄費用、故障修理費用(保証範囲内の故障に限る)はすべて0円で、万が一の時にも安心して使用することができます。

アルキラーNEXの主な機能

アルキラーNEXは、アルコールチェック管理に特化したクラウドサービス。精度の高い測定にこだわり、複数の検知器に対応。測定データは一元管理され、データ活用もしやすいです。

「アルキラーNEX」の機能は?
問合せはこちらからのフォームから

アルキラーNEXのプラン数

プラン数は1つのみですが、用途に応じてモバイルと据置型の2種類の検知器から選ぶことが可能です。また、検知器によって耐久性が異なりますので、想定される使用回数からどれが適しているかを判断しています。

アルキラーNEXの費用

アルキラーNEXプラン

初期費用 定期メンテナンス費用、センサー洗浄費用、故障修理費用
要問合せ 0円

「アルキラーNEX」についての
問合せはこちらのフォームから

アルキラーNEXの評判・事例

測定結果が管理者に届くので、ドライバーの安全管理意識が向上

以前はドライバーが自宅で検知を行っていたので状況把握ができませんでした。なにか起きて手遅れになる前に導入を決定。出発前に検知を行い管理者にメールされるようになりドライバーの意識が高まり安全管理が徹底できました

参照元:アルキラーNEX公式ページ(https://pai-r.com/product/alkillerplus/shinwakankyo/

どこでも確実に検知できるのが魅力

社内にアルコールチェッカーを設置しているもののルール通りに実施されていないことが課題でした。大手のタクシー会社がアルキラーを使用しているのを見て導入。どこでも確実に検知できるようになり社員の意識も変わりました

参照元:アルキラーNEX公式ページ(https://pai-r.com/product/alkillerplus/sompo/

スマホが活用でき、機能豊富なのが導入の決め手

法改正前から社内でアルコールチェックをやる話はありました。運転者が多くどう運用するか悩んでいましたが、アルキラーはスマートフォンが活用でき機能豊富だったので導入。いろいろアドバイスをいただき無事に運用できています。

参照元:アルキラーNEX公式ページ(https://pai-r.com/product/alkillerplus/epson/

「アルキラーNEX」についての
問合せはこちらのフォームから

アルキラーNEXの企業情報

クラウドで記録保管してくれるアルコールチェック管理サービスを選ぶ際に重要になるのが、サービスの充実です。ここでは、記録だけでなく検知器までまとめて提供してくれるサービスを紹介しています。

業務が確実に楽になる
アルコールチェック
管理サービス
3選を確認する

また、実際に導入する際、費用も気になりますが、効果がどれくらいあるのもなのかが気になるところです。こちらでは、サービス導入によりどれくらいアルコールチェック管理が楽になるのか体験レポートをまとめています。また、安全運転管理者の業務についても概要をまとめていますので、あわせてご確認ください。

【特集】安全運転管理者の
アルコールチェック業務確認と
管理サービスの検証

パッケージ型のおすすめ
アルコールチェック管理サービス3選
パッケージ型のアルコールチェック管理サービスは機能の充実さ、取り扱い検知器の検知方式などさまざまな製品がそろっています。パッケージ型の26製品の機能や取扱い検知器などを調査したうえで、機能・コストなど導入の決め手となるポイントに分けてオススメの3選を紹介します。
それぞれ、おすすめの事業主も合わせて初会しているので、気になるサービスは公式サイトなどで詳しく調べてみましょう。
運転管理業務を一元化で
スムーズ運用
BSS for ALC
(アネストシステム)
株式会社アネストシステム公式サイト
引用元:BSS for ALC
(アネストシステム)公式サイト
(https://bss-alc.info/)
特徴

運転日報や体温測定、給油管理など14種もの管理機能が付帯。据え置き型のプランを契約すれば、スマホアプリの追加費用が不要。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:電気化学方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 煩雑となった、運転業務関連の記録を一元化したい
  • 今後増えていく人員に対して、追加費用をなるべく抑えたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

法定管理項目を
しっかり記録保管
アルコールチェッカー
クラウドサービス
(アイリスオーヤマ)
アイリスオーヤマ株式会社公式サイト
引用元:アルコールチェッカークラウドサービス
(アイリスオーヤマ)公式サイト
(https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/products/alcohol-detector/cloud-service/)
特徴

アルコール測定結果や運転者情報など、法定管理項目をシンプルに記録保管。自社製品のアルコール検知器で同時に管理可能。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • とにかく義務化された項目だけ、記録管理したい
  • 知名度の高い企業の検知器とシステムで安心感も得たい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

安価な半導体ガス方式で
手軽にスタート
ALCクラウド
(オートバックスセブン)
株式会社オートバックスセブン公式サイト
引用元:ALCクラウド
(オートバックスセブン)公式サイト
(https://www.alc-autobacs.com/)
特徴

安価な半導体方式のアルコール検知器一台の価格とアプリ運用費用一台毎の費用なので総額の単純計算可能。25名以上のお得パックもあり。

  • 据え置き型:取扱いなし
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 精度は度外視で、とにかく安くスタートさせたい
  • 一人一台携帯用のアルコール検知器を持たせたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

※選定条件
「アルコールチェック管理サービス」とGoogle検索し、公式サイトにおいてクラウドで自動記録管理を提供している会社30社を掲載。
その中から管理サービスのみではなくアルコール検知器についても提供できることが明記されている26社から、ユーザが求めるであろう以下の条件で会社を選定。(2023年1月24日時点)
BSS for ALC…26社のうちで業務管理項目が最も多く一元管理が可能なサービス
アルコールチェッカークラウドサービス…26社のうちで管理内容が法定項目だけのシンプルなサービス
ALCクラウド…26社のうちで半導体方式の検知器を使用した最も導入費用が安いサービス