アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa
アルコールチェック管理サービス【30製品を比較】│puhaa » クラウド型アルコールチェック管理サービス 一覧 » ALPiT

ALPiT

ALPiT公式HPキャプチャ
画像引用元:ALPiT公式HP
(https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/products/alpit/)

本記事では、アルコールチェッククラウド管理サービス「ALPiT」の特徴や事例、提供会社の情報などをご紹介します。

目次

ALPiTの特徴

取り扱っているアルコール検知器の検知方式

ALPiTが取り扱っているアルコール検知器「IRIS OHYAMA携帯型アルコールチェッカー」の検知方式は、MEMS半導体ガスセンサーです。 センサー内部にある電気抵抗値が、センサー表面に付着した酸素量に応じて変化します。アルコールを摂取している場合、アルコール成分によって酸素量が減少し、それに伴い電気抵抗値が低くなります。電気抵抗値が低いほど、体内のアルコール濃度が高いと判断される仕組みです。

ALPiTのサポート体制

ALPiTにはサポート専用コールがあります。万が一不具合が発生したときはもちろん、使い方の質問や運用方法まで対応しているため、導入後の不安も解消可能です。

ALPiTの主な機能

管理者用クラウドでは記録が自動化されているため、効率よく酒気帯びチェックが可能です。すべてのデータを一つのクラウドで管理可能なため、複数の拠点がある企業の場合、拠点ごとの記録の集約作業の必要がなくなります。さらに、データの提出が必要になった場合も、すぐに帳簿に書き出し可能です。

運転者用アプリは直感的に操作できるデザインとなっているため、誰でも扱いやすい特徴があります。

アルコールチェック管理サービスを選ぶ際は、機能の充実度を重視すると良いでしょう。以下のページでは業務が楽になるアルコールチェック管理サービスを紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

アルコールチェック管理サービスを選ぶ際は、サービスの充実度をチェックすることが大切です。以下のページでは記録だけでなく検知器までまとめて提供してくれるサービスを紹介しているため、ぜひチェックしてみてください。

業務が確実に楽になる
アルコールチェック
管理サービス
3選を確認する

ALPiTのプラン数

ALPiTには「2年プラン」と「1年プラン(お急ぎプラン)」の2種類のプランがあります。2年プランの支払い方法は月額払いと2年一括払いから選ぶことができ、月額1,078円(税込)から利用可能です。

また、ALPiTには2週間の無料トライアルがあります。ALPiTの機能を実際の画面で体験可能です。運転者用デバイス、アルコールチェッカー端末、クラウドにログインできるデモIDを貸し出してもらえます。

ALPiTの費用

2年プラン

初期費用 月額 追加ID費用
公式サイトには情報が見つかりませんでした。 1,078円(税込) 公式サイトには情報が見つかりませんでした。

1年プラン(お急ぎプラン)

初期費用 月額 追加ID費用
公式サイトには情報が見つかりませんでした。 なし
15,840円(税込)/年
公式サイトには情報が見つかりませんでした。

【特集】安全運転管理者の
アルコールチェック業務確認と
管理サービスの検証

ALPiTの事例

公式サイトには情報が見つかりませんでした。

ALPiTの企業情報

パッケージ型のおすすめ
アルコールチェック管理サービス3選
パッケージ型のアルコールチェック管理サービスは機能の充実さ、取り扱い検知器の検知方式などさまざまな製品がそろっています。パッケージ型の26製品の機能や取扱い検知器などを調査したうえで、機能・コストなど導入の決め手となるポイントに分けてオススメの3選を紹介します。
それぞれ、おすすめの事業主も合わせて初会しているので、気になるサービスは公式サイトなどで詳しく調べてみましょう。
運転管理業務を一元化で
スムーズ運用
BSS for ALC
(アネストシステム)
株式会社アネストシステム公式サイト
引用元:BSS for ALC
(アネストシステム)公式サイト
(https://bss-alc.info/)
特徴

運転日報や体温測定、給油管理など14種もの管理機能が付帯。据え置き型のプランを契約すれば、スマホアプリの追加費用が不要。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:電気化学方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 煩雑となった、運転業務関連の記録を一元化したい
  • 今後増えていく人員に対して、追加費用をなるべく抑えたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

法定管理項目を
しっかり記録保管
アルコールチェッカー
クラウドサービス
(アイリスオーヤマ)
アイリスオーヤマ株式会社公式サイト
引用元:アルコールチェッカークラウドサービス
(アイリスオーヤマ)公式サイト
(https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/products/alcohol-detector/cloud-service/)
特徴

アルコール測定結果や運転者情報など、法定管理項目をシンプルに記録保管。自社製品のアルコール検知器で同時に管理可能。

  • 据え置き型:電気化学方式
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • とにかく義務化された項目だけ、記録管理したい
  • 知名度の高い企業の検知器とシステムで安心感も得たい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

安価な半導体ガス方式で
手軽にスタート
ALCクラウド
(オートバックスセブン)
株式会社オートバックスセブン公式サイト
引用元:ALCクラウド
(オートバックスセブン)公式サイト
(https://www.alc-autobacs.com/)
特徴

安価な半導体方式のアルコール検知器一台の価格とアプリ運用費用一台毎の費用なので総額の単純計算可能。25名以上のお得パックもあり。

  • 据え置き型:取扱いなし
  • 持ち運び型:半導体ガス方式
こんな事業主に
おすすめ
  • 精度は度外視で、とにかく安くスタートさせたい
  • 一人一台携帯用のアルコール検知器を持たせたい

公式サイトで
機能を詳しく見る

電話で問い合わせる

サービスの特徴を確認

※選定条件
「アルコールチェック管理サービス」とGoogle検索し、公式サイトにおいてクラウドで自動記録管理を提供している会社30社を掲載。
その中から管理サービスのみではなくアルコール検知器についても提供できることが明記されている26社から、ユーザが求めるであろう以下の条件で会社を選定。(2023年1月24日時点)
BSS for ALC…26社のうちで業務管理項目が最も多く一元管理が可能なサービス
アルコールチェッカークラウドサービス…26社のうちで管理内容が法定項目だけのシンプルなサービス
ALCクラウド…26社のうちで半導体方式の検知器を使用した最も導入費用が安いサービス